イノシトール 使用上の注意

■ 使用上の注意をまとめました

副作用: 実際に報告されたものと、理論上あるかもしれないものを含みます。
注意が必要な方: 使わないほうが良い方、使う前にお医者さんに相談したほうが良い方などです。
注意が必要な薬: 併用には注意したほうが良いお薬です。

お医者さんに相談する前に聞いておきたいようなことがありましたら、どうぞお尋ねください。

(副作用)
イノシトールはふつうに摂取する限り、安全性が高いことが示されています。報告された副作用には、お腹にガスがたまる、軽度の不眠があります。
大量に(12g/日以上)飲んだ場合には、軽度の消化器症状(お腹にガスがたまる、吐き気、軟便)、眠気、軽度の血糖値上昇、 疲労感、頭痛、めまいなどが報告されています。
*イノシトールの標準的な摂取量は4g/日です。ブドウ糖の半分程度の甘さの白色粉末で、水によく溶けます。朝2g、夜2gを水や飲みものに溶かして飲みます。飲み続けるのは難しくありません。

(注意が必要な方)
妊娠糖尿病の方に投与した臨床試験がいくつかあります。お母さんの糖代謝や体重管理に良い影響があったことが報告されています。お母さんにも生まれてきた子にも、悪い影響は認められていません。
しかし妊娠中、授乳中の方への安全性は確立されていませんので、妊娠中、授乳中に使用したい方は、お医者さんにご相談ください。

(注意が必要な薬)
併用に注意すべき薬剤については、特に情報がありません。問題ないと思われます。