レスベラトロール 使用上の注意

■ 使用上の注意をまとめました

副作用: 実際に報告されたものと、理論上あるかもしれないものを含みます。
注意が必要な方: 使わないほうが良い方、使う前にお医者さんに相談したほうが良い方などです。
注意が必要な薬: 併用には注意したほうが良いお薬です。

お医者さんに相談する前に聞いておきたいようなことがありましたら、どうぞお尋ねください。

(副作用)

運動の効果を打ち消してしまう、という報告があります。

(注意が必要な方)

妊娠中、授乳中の方への安全性は確立されていません。妊娠が判明したら使用をやめてください。妊娠中、授乳中には使用しないでください。
次の病気は、女性ホルモンが影響を与える可能性があります。これらの病気がある方は、原則として使用を控えてください: 乳がん、卵巣がん、子宮がん、子宮内膜症

(注意が必要な薬)

弱い女性ホルモン様の作用があります(場合により、弱い女性ホルモンとして働いたり、女性ホルモンの作用を妨げたりします)。女性ホルモンを使用中の方はご注意ください。
血液が凝固するのを妨げる作用があります。アスピリンやワーファリンなど、血液をサラサラにする薬を服用中の方はご注意ください。